誕生日
本日のできごと 映画の感想とか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にブログ書いて、会社の愚痴を書き逃げするってのもなんなんで、最近見た映画の感想でも。この手の記事書くの久々でいつ頃の話からするか迷うね。あー、でもサイタマノラッパーの話とかは書いてんのか。うーむ。ま、いいや。思いついた順で。

告白
多分、このくらいから書いてないだろう、ってことでここから。

原作既読。映画もほぼ原作通りに進行したんじゃないかな(もう売っちゃったんで確認できないけど)。子役は知らない子ばっかりだったけど、その他の配役がほぼイメージ通りだったんで、違和感なく見れた。

最初は松たか子の独白っぽい感じで始まって、ちょっと退屈するんだけど、見せ方が上手な感じなんで、いつの間にかはまって観てた感じ。ああいう、複数の人間の一人称小説がまとまってるヤツって小説だとよく目にするけど、映画にしたとき、ずーっとモノローグ処理されちゃうと辛かったりするじゃん。(ドラマの「モ●キ」がそういう理由で辛いことがあるwww)そんな感じじゃなかったんでよかったなと。

原作はねーもうすごいイヤな終わり方をするので、気持ち悪くてすぐに古本屋に売ってしまった。誰一人として幸せにならないじゃん。でもその理由が全部自分たちの中にあるという。まあそうよ。そういうもんよ。でも後味は悪いよね。

しかし、その先生を淡々と松たか子が演じるので、さらっと見えちゃうんだよね。いいことなのかどうなのかは不明ですけど。あの先生のように実際に手を下すのはあまり賛成できないけど、あんな目にあったら復讐としてあのレベルのことを妄想することはあるんじゃないかと、うっすら思ったりはした。

トイストーリー
私、基本的にディズニー系、またはジブリ系は一切観ないわけですが、ここらでちょっと3Dってのを体験してみる?って感じでこれを選択。アバターは気持ち悪くてイヤだったんだよ、どうしても。

……って感じで大して内容は期待せずに見始めたんですが、面白かった!

1も2も観てないもので、基本的な設定をわかってないから辛いかもな、と思ってたけど、んなことはなかった。

一応子供が観ることを想定しているからか、明確な悪役がいるし、確実にハッピーエンドなんだろ?って空気が漂ってるんだけど、内容は意外と深いわけさ。どうして大人がこぞって見に行くのかわかんねーと思ってたんだけど、わかったような気がする。

「誰かがやらなきゃならないけど誰もやりたがらない仕事」を押しつけられるっていう話の流れがあるんだけど、あーこれわかるなぁと。「仕事選んでんじゃねーよ」みたいな意見もありそうですが、そうじゃなくて、この手の状態は終わりが見えないのがヤなんだよね。今はいろいろと大変だけど、今後はこれをバネに飛躍できるって雰囲気があるならいいんだけど。映画では明確な悪役がそういう状況に追い込んでいるのがわかるんで、戦って勝ちとるぞ!という展開にできちゃうんだ。でも実際は「君しか頼める人がいないんだ」みたいなことを言いつつ押しつけてくるからより一層タチが悪……

っとっと。話がそれました。

とにかく、夢があるんです。全体的に。私は「ちょっといい話」の雰囲気があると、斜めに見てしまう悪い癖を持っているんだけど、ちゃんとフォーマットに乗って見れば、すごくスカッとするんだな、と。普段も、もう少し素直に物事を見てみようかな、と思ったりしましたね。

BECK
いやいや、これを素直に楽しむには年を取り過ぎてました。まあ、これも「ちょっといい話」を斜めに見てるから、そういう感想になるんだろ?って話もあるとか、ないとかいうことなんだろうけどさ。

突っ込みどころは多々あるんですが、とりあえずですねー「奇跡のボーカル」は吹き替えしてでもいいので歌ってほしかったな、と。あれで歌が想像できないなんて頭固いぜ!ってことなのかもしれないけど、ロックバンドなんだから歌大切なんじゃないかなぁー

展開はいいんです。少年漫画なんで、主人公の成長物語で。しかも冴えなかったボクが輝けるものを見つけた的な夢のあるいい展開ですよ。ただ、どうしても全体的に古いのが気になってしまうわけさ。CDを頑張って作るとかいう話も、今ならMySpaceで配信するとか、他の手段あるし。ライバルバンド(超悪いやつwww)が古いなぁ……って感じのビジュアル系だし。フェスも最初から「フィールドオブヘブン」(でしたね、あれ)級のところにでるんじゃなくて、公募枠からスタートしてほしいし。(つか、そもそも1万人とかあそこはいらないし。規制掛かっちゃうよん)そんで、最後、ステージ成功のあと、すぐにエンドロールなんだけど、よりにもよってオアシスのDon't Look Back In Anger!これも古いなぁって感じだったし……なんで10年前の回想、みたいな設定のほうが自然だったような気がする。

とはいいつつも最後まで無理なく見られたんで(長いのよ、尺が)、話はそこそこ面白いのかも。って感じでお茶を濁しておきます。ハイ。

眠たくなってきたのでこのへんで。あー部屋。結局片づけてねぇよ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://megumikow.blog105.fc2.com/tb.php/854-2ece7fb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。