誕生日
本日のできごと そうやってだましだまし生きていくしかないのか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。年始の超やる気のない更新から早3ヵ月。時がたつのは早いね。

さて。

忙しいです。なんでか知らないけど、って知ってるけど。こうも忙しいとブログを書こうという気が全く起きません。Twitterでは饒舌なんだけど、ありゃ愚痴ツールだから。

忙しい理由はTwitterにさんざん書いてるけど、プロジェクトの地獄のような迷走っぷりが原因。迷走しているんでゴールが見えない。ゴールが見えないということはマイルストーンが設定しづらい。ゆえに達成感が全くない。達成感が得られない仕事がこんなに辛いなんて知らなかったよ。

昔だって別に暇だったわけじゃないんだけど、一応達成感はあった。システムリリースがマイルストーンだった。でも、今の感じだとシステムがリリースされても、その時点で他の機能追加要望が発生しており、むしろそっちのほうが今開発中のシステムよりも優先度が高かったりして、もう最悪。全然達成感なし。追加要望は偉い人発のケースが多く、今作ってるシステムだってあんなに要望があって作った機能だったのに、追加要望が組み込めてないって時点で全然ダメなシステムってことに。あー恐ろしい。たぶん仕事できないヤツだと思われてるわ。ヤダヤダ。

そんな中、ワタクシ、結構、本読んだり、DVD見たり、映画に行ったりしてるんですよ。

昔、ややワークホリック感のあった20代のころ、友人が「忙しいとき、このまま寝ちゃって起きたら朝っていうのは悔しいから、あえて夜読書するんだ」と言ってたことがあった。私はそれを聞いたとき「なんで? たっぷり寝て、明日パフォーマンスの高い仕事したほうがいいじゃん」とか思ってたんだ。でも、今、友人の言ってたことがよくわかる。このまま寝ちゃったら何もしなかったことになる怖さが分かる。何か会社以外のことをしないと自分が自分でなくなるような怖さが。

先週くらいで電車の中で思い出したんだけど、昔見た、浜ちゃんのドラマで、不本意ながら写真週刊誌のカメラマンをやってる浜ちゃんが「本当に好きなことは仕事にせんといたほうがええんとちゃいます?」(うろ覚え)って言うシーンがあって、あーそうだなって。若いころ結構仕事が好きだった私は生活が本当にそれ一色で。休日も仕事のこととか考えててさ。そして今、その仕事の亜流(戦場カメラマンになりたいのに写真週刊誌の写真を撮る、みたいな)に移動になったとき、こんなに喪失感があるんだなって。

そんなわけで結局逃避するための読書、DVD、あと引きこもらないために映画に出掛ける。そうやってだましだまし生きていくしかないんだ。なんだかね。

……酔っているから暗くてすみません。酔うと暗くなるタイプ(正確には酔いからさめてくるとですが)なのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。