誕生日
本日のできごと Fuji Rock Festival 2012
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もはや記録を残す気力がほとんど残ってないフジなんすけど、一応毎年書いてるんで。
あ、今年は1日しか行ってません。マジ、お盆じゃないと休めなくてさ。いやはや。

■7月29日(3日目)
・暑いという事前情報通り暑い。アウトドア用防寒具を事前に購入した意義を問われる状態。
・3日目なのでバス行列短め……と思ったらまさかの渋滞。Oh No~(後から聞いたら日曜日はソールドアウトしてたらしい。みんな好きだねレディオヘッド)
・リストバンド交換はスムーズでした。さすが3日目
・でも会場は人大杉
・「たばこ吸いたい、でもその前に酒~」みたいな険しい表情で飲食エリアをほっつき歩いてたとき、会社の後輩に挨拶される。驚いて言葉が出なかった。前の部署であれば、おそらく無視されていたであろう……と思うとやはりワタシは今の部署でやっていけるのかちょっと心配になる。
・でも後輩君がヤローばかり4~5人で来ていたのにはほっこりさせられた。絶対男女混合グループで来てると思ってたからさ。いいよ、いいよ男祭り。

●GALACTIC
イヤー盛り上がってたよん、これ。
この手の音はそんなに好きじゃないっす。でも遠くのステージまで行くのが面倒で見ちゃったんだけど、なんか煽りがうまくて乗っかってしまった。こういうこともある。

●toe
友人と合流。
最初ゲストボーカル(ACO)入り。友人の顔、曇る。友人はあーいうタイプの女性Voがキライなのだ。ひえー。違う違う、このあとかっこいいから!とか説明するのも壮絶にダサいんで耐える。いやはや。(一人で来るとこういう時気楽でいいんだよな)でも、これはアルバム出たら買う感じの数少ないアーなんで粘りました。
……って内容の感想じゃねぇ。
安定のパフォーマンスで個人的には満足です。あーいう女性Voも好きだよ、ワタシは。

●MICHAEL KIWANUKA
だから今気分はアコギな感じだって!ということで早くも友人と別れ単独行動。もう、おれ、ダメ。協調性ゼロ。
ウツラウツラしながら聞く感じ。疲れた理由は直前のトイレ行列。人大杉だって。

●M.WARD
事前の予習ではかなりの好感触だったのだが、ステージはフツー。予習で聞いた音源の勝ち。

●EXPLOSIONS IN THE SKY
人大杉なので、早めにホワイトに移動したけど、人少な目。
でもこれ、個人的ベストアクトです。事前予習でも好感触でしたが。
「夕暮れ時にこれを聞くなんて贅沢!」とかさまざまなフェスの感想でお耳にしますが、それ以外の表現浮かばないんで、そーいうことを言わせてください。夕暮れ時にこれを聞くなんて贅沢!
曲はポップ(つかキレイなメロディー)なんですが、ステージはちょーっと地味かしら?でもそのくらいのほうが落ち着いてパフォーマンス堪能できる側面あり。東京戻ったらCD買おう。

●RADIOHEAD
本当はもう1本くらい何か見たかったがトイレに行ってたらもう開始直前だったという。人大杉だって。
今までの経験からして、日曜の最後って人減るんですよ。ワタシも翌日休暇が取れないと日曜日は夕方に帰っちゃってたもん。
しかーし!ぎっしり人・人・人。これ帰りのシャトルバス、どーなる?と不安に(そしてその予感は的中する)
内容は個人的には2003年サマソニの勝ちです。ビコビコを聞きたいわけじゃないんだよなー。90年代中心でお願いしますよぉ。後ろにいたチョイ若いがやや物知りファンみたいな連中が「お、懐かしい!」とか言いやがる曲が主に聞きたい曲だという状態。ちくしょー!中年なめんな!
……ただ、なんでか知らないけど「フジで見る」ことにそこそこ価値を見出しちゃってて、それでいろいろな感情が中和された感あります。
ラスト。トムヨークがアコギを手にしたとき「パラノイド・アンドロイドでお願いします!」と祈ったら通じたのはよかった。そうそう、聞きたいのはこのあたりです。中年だから。

こんな感じ。でも来年も行っちゃうんだろうね。なんだかね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。